fc2013aw01

木のモニュメントが立ち並んだ会場でショーの幕は明けた。

テーマは「MONTAGE」で人の気持ちや移りゆく過程を、モンタージュで表現。

 

始まりのルックはムートンの巻きスカートにレザーパンツ、カラフルなスニーカー

という相変わらずなミクスチャールック。

ファセッタズム独特のミックス感は毎回観る人を楽しませてくれる。

 

アースカラーを中心とした落ち着いたスタイリングから始まり、

徐々にチェックルックなど色味が増えていく。

後半は鮮やかなブルーが目を引くルックが中心となり、

独特の世界観を表現した。

 

「気持ちと気持ちの重なりや移り変わりをウィメンズは編み込みや陰影で感情を形で、

メンズはスタイリングで表現した」と語ったデザイナーの落合宏理。

 

欧米のブランドにはないこのミックス感をハイファッションに落とし込める

ファセッタズムにはこれからの可能性を感じる。

 

fc2013aw02