ganryu2013aw01

 

ショーの始まりはチェックオンチェックなどのパンク色の強いスタイリング。

徐々に無地やボーダーTを使ったスタイリングに移り、

ガンリュウの定番であるサルエルパンツとオーバーサイズのニットのルック。

そして、最後はシンプルながらもひねりの効いたブラックスタイルで

ショーの幕は閉じられた。

 

日本のブランドは欧米のブランドとは歴史も違うし、

エレガンスに対する考え方・とらえ方も違う。

 

パリのエレガンスに対する考え方や美しさを追求していく姿勢は

もちろん素晴らしいと感じるし日本人にはなかなか表現できるものではないのだが、

日本のブランドはまた違った視点から物作りを追求していけるのが強みだと思う。

 

個人的には、ストリートファッションをハイファッションのフィルターで通して

表現しているガンリュウには、これからのメンズファッションを担う役割が

大きいと感じるし、期待をしている。

 

これからもワクワクするような物作りをしていって欲しい。

 

ganryu2013aw02